お産 第1期 その1

お産 第1期(開口期):10分おきの陣痛開始から子宮口全開大まで
所要時間:初産婦10〜12時間、経産婦4〜6時間

初期(子宮口0〜3cm)

●陣痛
最初は10分おきで始まり、6〜7分おきと間隔が短くなる。陣痛発作は20秒〜30秒
●体の変化
月経痛のような腰や下腹部の痛みがある。おしるしがある。
●呼吸法
静かに深い呼吸をする。
●過ごし方
お産は始まったばかりなので、焦らず、あわてず、食事や睡眠、散歩を行う。破水していなければ、シャワーをする。音楽を聞いたり、テレビを見て、心身ともにリラックスして、お産に備える。
タグ:お産

お産 第1期 その2

お産 第1期(開口期):10分おきの陣痛開始から子宮口全開大まで
所要時間:初産婦10〜12時間、経産婦4〜6時間

中期(子宮口4〜7cm)

●陣痛
5〜6分おきから2〜3分おきになる。陣痛発作は40秒〜60秒
●体の変化
腰背部が痛くなる。自分で陣痛が始まったと確信がもてる。
●呼吸法
深呼吸・フーフー呼吸をする。
●過ごし方
お産までにはまだ時間があります。楽な姿勢をとり、陣痛発作時には呼吸法を行い、陣痛の間欠時にはリラックスをしましょう。産痛のある部位をマッサージしましょう。水分はしっかりととり、トイレも我慢せずに行きましょう。
タグ:お産

お産 第1期 その3

お産 第1期(開口期):10分おきの陣痛開始から子宮口全開大まで
所要時間:初産婦10〜12時間、経産婦4〜6時間

移行期(子宮口8〜9cm)

●陣痛
間欠がどんどん短くなり、1〜2分おきになる。陣痛発作は60秒以上
●体の変化
陣痛が強くなり、いきみたい感じや便がしたい感じがする。お尻が痛くなる。出血が増える。
●呼吸法
フーフー呼吸・フーウン呼吸をする。
●過ごし方
お産が迫っています。呼吸法を行い、いきみを逃がしましょう。間欠時には全身の力を抜いて、リラックスをしましょう。
タグ:お産

お産 第2期 その1

お産 第2期(娩出期):子宮口全開大から児娩出まで
所要時間:初産婦2〜3時間、経産婦1〜1.5時間

子宮口全開大(10cm)

●陣痛
排臨・・・赤ちゃんの頭が見え隠れし始めます。
●体の変化
これまでと陣痛が変化し、いきみたい感じがますます強くなる。いきまずにはいられなくなる。
●呼吸法
フーウン呼吸をする。
●過ごし方
お産も佳境に入り、いよいよ赤ちゃんの誕生です。陣痛発作時には自然ないきみを加えましょう。
タグ:お産

お産 第2期 その2

お産 第2期(娩出期):子宮口全開大から児娩出まで
所要時間:初産婦2〜3時間、経産婦1〜1.5時間

排臨・発露・児娩出

●陣痛
発露・・・赤ちゃんの頭が引っ込まなくなります。
●体の変化
赤ちゃんの頭が発作時に見え、間欠時には見えなくなる(排臨)。やがて、間欠時も見えたまま(発露)となり、児娩出となる。
●呼吸法
自然ないきみをとれるように。
●過ごし方
お産も佳境に入り、いよいよ赤ちゃんの誕生です。陣痛の間欠時には肩の力を抜いて、複式呼吸で赤ちゃんにも十分に酸素を送ってあげましょう。
タグ:お産

お産 第3期

お産 第3期(後産期):児娩出から胎盤娩出まで

胎盤娩出

●体の変化
胎盤が出るとき、軽くいきみを感じる。
●過ごし方
お産も最終盤。赤ちゃんが誕生しました。あとはお医者さんや助産婦さんの指示に従いましょう。
タグ:お産

お産 第4期

お産 第4期(後産期):胎盤娩出から分娩後2時間

●体の変化
胎盤娩出後、子宮はおへその高さまで収縮する。
●過ごし方
お産の終了です。胎盤娩出後、医師の診察があります。分娩後2時間は分娩室で過ごし、子宮の収縮と悪露(おろ)の状態を観察します。赤ちゃんにおっぱいを吸わせましょう。
タグ:お産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。