妊娠中に起こりやすい異常カテゴリの記事一覧

腰痛・恥骨痛・尿もれ・痔

骨盤は、腸骨・座骨・恥骨・尾骨・仙骨および靭帯から構成され、体幹と下肢の連結部となり、人の体の土台となります。
骨盤の内部には、腹部の内臓を入れ、女性ではお産の時に産道となります。
妊娠中は、胎盤から分泌されるホルモン(リラキシン)の影響で、骨盤が緩みやすい状態になります。
緩んだ骨盤に、自分自身の体重と日増しに大きくなる赤ちゃんの重みが加わり、歪みが生じやすくなります。
緩む部位は、恥骨結合と仙腸関節です。
また、緩みや歪みが生じると、骨盤内の内蔵が下垂しやすくなります。
そのため、妊娠中からお産の後にかけて、さまざまな不快症状が現れます。

≪症状≫

@恥骨結合離開
→恥骨の中央に溝ができる(未産婦は開いていない)

A恥骨痛
→恥骨を強く圧迫すると痛みがある

B腰背部・尾骨や足の付け根などの骨盤部の痛み
□体が横に揺れ、まっすぐに歩けない
□階段が上りにくい
□寝返りがスムーズにできない
□骨盤の不安定感 など

CO脚

D排尿障害
→尿もれ・尿意がない・尿が出にくい

E痔・脱肛

F分娩時の回旋異常

★妊娠してから上記の症状が現れたり、悪化した場合は、骨盤の緩みや歪みの可能性が高い。

≪注意点≫

@日常生活での姿勢に気をつける
□横座り、ペタンコ座り、足組みをしない
□赤ちゃんを骨盤に乗せるように抱いて、片足だけに体重をかけないようにする
□左右どちらか同じ方向ばかり向いて、横見向きに寝ない

A産後にウエストニッパーを使用しない
→ウエストニッパーで骨盤の上部を圧迫すると、お産の後の緩んだ骨盤が歪みやすくなる

≪対策≫

トコちゃんベルトや、さらしの腹帯で、骨盤の下部(恥骨〜足の付け根〜尾骨周囲)をしっかりと固定する
タグ:お産

妊娠中毒症

妊娠中毒症の原因ははっきりとわかりませんが、妊娠中期以降に起こりやすくなります。
症状は高血圧・タンパク尿・浮腫(むくみ)の3大症状があります。
重症になると、頭痛・耳鳴り・目の前がチカチカする・急激な体重増加・胎盤への血液循環の悪化などが起こり、母子ともに危険な状態を招くことがあります。

≪症状≫

@高血圧
→140/90mmHg以上、もしくは健診のたびに数値が上昇する場合は要注意!

Aタンパク尿
→腎臓の機能が低下している

B浮腫(むくみ)
□妊娠後期に、1週間に500g以上体重が増加する
□スネや足の甲を指で押すとへこむ
□手が握りにくい、指輪がきつくなる

≪対策≫

@安静にする
A運動や過労を避け、休息を十分にとる
B体重を増やさない
C減塩・低カロリー・高タンパク・植物性脂肪中心の食事を心がける
タグ:お産

妊娠中の貧血

妊娠中は鉄欠乏性貧血を起こしやすくなります。
赤ちゃんが成長するとともに、鉄の必要量が多くなります。
また、循環血液量が急速に増加するのに比べ、血球成分(赤血球など)の増加は緩徐であるため、血液が薄まった状態になり、貧血になると言われています。
症状は動悸・息切れ・立ちくらみ、冷え、疲れやすいなどがあります。
また、貧血のまま分娩になると、微弱陣痛や産後出血の増加、お産の後の回復の遅れを招くことがあります。
また、低体重児の出産も増えると言われています。

≪対策≫

@偏食を避け、バランス良く食事を摂る
→鉄分の多い食品はもちろん、タンパク質やビタミン・ミネラルも十分に摂取する

A医師から処方された薬を内服する(赤ちゃんへの影響は心配ありません)
タグ:お産

早産について

妊娠22週0日〜36週6日までに赤ちゃんが産まれることを言います。
症状は下腹部痛・子宮の収縮(お腹の張り)・出血・破水などがあります。

≪対策≫

@安静にする
A過度の運動や過労、睡眠不足を避ける
B夫婦生活は控えめにする
C便秘や下痢を予防する
D医師から処方された薬を内服する(赤ちゃんへの影響の心配はありません)
タグ:お産

流産について

流産とは、胎児側の原因や母体の体質など、何らかの原因で、妊娠21週6日までに赤ちゃんが子宮外に出ることを言います。
症状はか下腹痛・子宮の収縮(お腹の張り)・出血・破水(破水)などがあります。

≪対策≫

@安静にする
A過度な運動や過労を避ける
B夫婦生活は控えめにする
タグ:お産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。