赤ちゃんが虫歯にならないようにするために その1

≪赤ちゃんの歯がつくられる時期≫

赤ちゃんの歯(乳歯)の歯の芽(歯胚)ができ始めるのは、妊娠6週頃です。
お母さんが妊娠に気づいた頃には、すでに乳歯の芽はでき始めているのです。
10週頃には、乳歯全部20本の芽が発生して、妊娠中に成長し続けて、お産の後、歯が萌える時期に備えます。
永久歯の芽は、妊娠3ヶ月ぐらいから発生します。

≪母乳育児と虫歯の関係≫

以前は母乳に含まれる等分も虫歯の原因になるといわれていて、1歳を過ぎてからの寝かしつけの授乳や、夜中の授乳は虫歯の原因になるからやめるようにとされていた時期がありましたが、最近になって母乳に含まれる糖分は虫歯の直接の原因にはならないということが分かってきました。
でも、離乳食を開始してからの時期は、母乳以外のいろいろな糖分を、いろいろな食べ物、飲み物から摂取するように変化していきます。
その摂取量が多かったり、だらだら授乳の習慣からだらだら食べ、だらだら飲みになりがちになってしまったり、また、歯磨きなどのケアがおろそかな場合は、充分虫歯になることもありうるので、赤ちゃんがいろいろな食品が食べられるようになってきた時期からは、歯のケアについても慎重に考えていきましょう。

≪乳児期のお口の中の状態≫

出生時の赤ちゃんのお口の中には歯がありません。
また、上顎の中央部が丸く凹んでいて、舌で乳首をこの凹み部分まで引き込んでお乳を吸います。
効率よくお乳を吸うために最適な形をしています。
哺乳時に顎を動かすことで、生後半年間の下顎の成長は著しく、出生時には上顎に比べるとかなり小さく後ろ側に引いた感じだった下顎は、乳歯が生え始める頃までには、上下の歯ぐきがちょうど重なるような位置関係になってきます。
赤ちゃんのよだれの量は個人差がありますが、生後半年頃になると増えてきます。
乳歯の生え始め、離乳食の開始、指しゃぶりやおもちゃを口の中に入れて遊ぶなど、口へのいろいろな刺激が増えて唾液の分泌が盛んになるからです。 (その2につづく)
タグ:お産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。