ママと赤ちゃんのためにできること

≪妊娠時のお口の中の変化≫

妊娠すると、初期の頃はつわりがひどくて、今までのような食生活ができなくなります。
食べ物の好みも変化しますし、また、食事の回数がどうしても増えがちになりやすいので、常にお口の中が汚れた状態になってしまいます。
そしてホルモンの変化のために唾液の性質が粘着性になるので、今までよりも唾液の自浄作用(唾液が口の中を洗い流してくれる作用)が劣ってしまうのです。
このような悪い条件がいくつもそろってしまううえに、つわりの時期は特にブラッシングをするのも気持ちが悪くてできないということも重なり、どうしても虫歯や歯肉炎になりやすい状態にあるといえます。

≪妊娠時のお口の中の健康づくり≫

◎間食の増加
→お腹の赤ちゃんが成長して大きくなってくると、消化管も押し上げられるように圧迫されるので、一度の食事で食べられる量が少なくなるために、間食が増えてしまいます。また、間食の内容も妊娠後期になるにつれ、甘い食品を好む傾向にあります。歯にベタッとくっつきやすいものは避けるようにしましょう。

◎歯磨きのポイント

1.ノドの奥に唾液が溜まるのを防ぐために、顔を下に向けて磨く

2.奥を突くと気持ちが悪くなるので、奥に歯ブラシをそっと当ててから、手前にかき出すように磨く

3.歯ブラシは小さいもの(子供用)を使う

4.においの強い歯磨き粉は大量に使用しない

5.つわりの時期は、体調のよい時間に磨く

≪妊娠中の歯の治療≫

安定期(16〜27週)に入ったら、産科医の許可を得て歯科検診を受けるようにしましょう。
この時期ならば、虫歯が見つかっても治療ができます。
痛みがないからといって放置し、お産の間際になって我慢できなくなったとしても、母子への影響を考えると十分な処置はできません。
また、お産の後しばらくも、育児や授乳に手を取られるので歯科医院への通院もなかなかできないものです。
そのためにも、安定期にしっかりと治療を受け、お口の中の環境は整えておきましょう。
受診時には、必ず歯科医に妊娠中であることを伝えましょう。
歯科のレントゲンは被爆量が少ないですし、麻酔薬もごく微量で口の中の一部に作用するものですし、鎮痛剤、抗生剤などは産婦人科で処方してもらうようにしたり、産科医のアドバイスを受けて歯科で処方しますので、心配しなくても大丈夫です。
タグ:お産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。