妊娠中の貧血

妊娠中は鉄欠乏性貧血を起こしやすくなります。
赤ちゃんが成長するとともに、鉄の必要量が多くなります。
また、循環血液量が急速に増加するのに比べ、血球成分(赤血球など)の増加は緩徐であるため、血液が薄まった状態になり、貧血になると言われています。
症状は動悸・息切れ・立ちくらみ、冷え、疲れやすいなどがあります。
また、貧血のまま分娩になると、微弱陣痛や産後出血の増加、お産の後の回復の遅れを招くことがあります。
また、低体重児の出産も増えると言われています。

≪対策≫

@偏食を避け、バランス良く食事を摂る
→鉄分の多い食品はもちろん、タンパク質やビタミン・ミネラルも十分に摂取する

A医師から処方された薬を内服する(赤ちゃんへの影響は心配ありません)
タグ:お産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。