妊娠16〜24週

◎膣分泌物検査
→カンジタ菌・B群溶連菌(GBS)・クラミジア抗原など新生児重症感染症の予防のため

◎超音波検査
→胎児の発育・奇形、胎盤の位置異常、性別の判定、羊水量の測定
タグ:お産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。